りおんとかおんへ!  幸せにしてあげられなくてごめんね

ジャパニーズボブティル(尻尾の短い猫)のブリーダーによる里親詐欺被害について記録を残しています
 
 
プロフィール

りおんかおんの母(優)

Author:りおんかおんの母(優)
初めての保護猫の家族探しで里親詐欺にあってしまいました
情報を求めています メールは homemiyuki☆yahoo.co.jp まで
☆を@に変えて下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い 

この子達との出会いは、2008年の秋11月位のことです


車通勤の私は、その日はいつもよりだいぶ遅い帰りで
自宅に近いゴミ捨て場で、ちょろちょろ動くものに目がとまりました

あっ 猫ちゃん!  



どうやら、猫がお腹を空かせてゴミを漁っているようでした



可哀想に、これから寒くなるっていうのに
母猫と子猫、全部で何匹いるのかしら?




その時は食べ物もないので、後ろ髪ひかれる思いで走りさりました


翌日の朝、その辺りを気にかけながら探しましたが気配はありません


それから数日後、また帰りが遅い時間に通ると、猫がちょろちょろ動くのを
見つける事が出来ました


事前に車に用意してあったりカリカリを上げようと近づくと、警戒した猫が
ウーとうなり声をあげたので、その日はそっと置いてすぐに退参することにしました


そうこうして何日かたったある日、子猫の姿は確認できていましたが
母猫の姿を見かけなくなってしまいました


その子猫も、3匹位いたのが、2匹になり・・・  


そして夜遅い時間になると、私を(ご飯)待っていてくれるようになっていました





もぐもぐ
(保護後の写真です)



それからは自分との葛藤です

というより、始めて見かけた時から、保護の2文字は頭の隅にあったんですが




あの子達を放っておいていいの?

これから益々寒くなるのに、子猫だけでは生きていけない

保護して里親探しをしている人達の事は、ブログで見た事はあるけど

私でも里親探しって出来るかしら 


でも、もし見つからなかったら自分で飼う覚悟がなければ


家には元捨て猫が3匹いるし、それが5匹になったら正直大変
   
それに、自分の年齢を考えると、最後まで責任を持って
飼ってあげられるかどうか分らない


かといって、見捨てる事は見殺しにする事と同じ



やっぱり!



今はいのちを助ける事が最優先

その後のことはその時に考えよう




そう決断し、ボランティア活動をしている団体に相談してみようと
ネット検索をしてみました


すると、なんとそのゴミ置き場のすぐ近くに、犬の里親探しをしている
ボラさんがいる事が分りました


早速メールをして相談にのってもらい、アドバイスに従って
捕獲器を借りる事になったんです









スポンサーサイト

保護成功  

早速、その日の深夜、一人捕獲器を布で覆って
いつのも場所へ出向きました



人目を避ける為、車の陰に置いて近くに餌をおいたけど
いつもと違う気配を察して猫は近づいて来てくれません  


餌を少し猫の近くに置きなおし、離れたところで様子を伺っていると
やっと食べてくれました


今日はこのまま退散しよう   


また捕獲器を車に積んで帰宅


翌日も、翌々日も同じことを繰り返しました


そんな深夜、ゴミを捨てに来た人が、一旦ゴミを置いて帰ろうとした所で
私にハッと気づき、またゴミを持ち帰ったのには苦笑です 


ここは朝出しの決まりなので、捨てる人もルール違反って分って
コソコソ捨てに来るから始末におえないです


また、不審者と思ってかこちらの様子を伺ってる人もいましたけど
こんな寒い真夜中に立っていたら、不審がられるのも当然です



今日こそは何とか保護したい

出来れば2匹一緒に

失敗したら、警戒してしばらく近づいてくれないかもしれないし




そう心を決めて、一回目は捕獲器の手前の方に餌を置きました     


食べてくれました!





今度は、思い切って奥に置いてみよう




食べてる    今だ!




2匹のお尻を中に押し込んで蓋を閉めました




やったー
  





捕獲器の中で2匹が暴れているので直ぐに布で覆ったけど
私の心臓も今にも飛びだしそうです




ごめんね  

怖いよね     

すぐに暖かい所に連れて行くからね

怖がらなくても大丈夫だよ








暖かい夜  

すぐ家に戻り、捕獲器をガシャガシャと音をたてながら部屋に運び入れたら
猫達が何事か? と集まってきました



直ぐによそ者の猫の臭いに気づき、シャーシャー怒ること、怒ること


そして、すぐにケージを用意しなかった事を後悔するハメになりました



しょうがない・・・

とりあえず、リビングに放しても大丈夫かな?



あ~    

やっぱり隙間に入いちゃっいました

ごはん置いとけば食べてくれるかな?

もうとっくに日付も変わってる時間です


でも・・・


おトイレ使わないで、押入れの中にでもされたら困るし

うちの子達も興奮して離れないから、猫も出て来れないし・・・




そうだ!

洗面所がいいかも!

あそこならおトイレ失敗してもお掃除がしやすいし

始めからそうすれば良かったのに、なんて馬鹿な私でしょう



そう気づいて洗面所にトイレと猫ベッド、缶詰とお水を用意して
また捕獲を試みました




怖がらなくても大丈夫だよー 

大丈夫だよー


と、やっと男の子の方を布を被せて捕まえる事が出来たので
急いで2階の洗面所に入れました


で、問題は女の子です 




シャー



かなり警戒して怒ってます
  

猫ちゃんも命がけなので必死です



ギャー   
 

痛~い       


ギャー



思いっきり噛まれてしまいました (泣き)




その上、2階に逃げて、寝室のベッドの下に隠れられてしまいました (涙)



このまま休ませようかな

怖い思いの連続で可哀想だし・・・

それに、私も疲れはてました

時計を見たら、もう2時を過ぎてます




男の子の方も心配だったので、ちょっと洗面所を覗いてみると
猫ベッドの中でちんまりと寝ていました♪

生まれて始めての、暖かいベットです 

思わず、疲れが吹き飛ぶくらい嬉しかったです 

そして、気が付いたら今日は自分の誕生日でした

きっと、今日のこの日のことは一生忘れないでしょう






ベットの下で隠れている女の子はそのままにして私も横になりました

だけど、やっぱり寝れません

ベッドの下で、おしっこされても困るし

どうせ眠れないんならと、もう1回挑戦してみることにしました




こっちにおいで! 怖くないよー と、言いながら足を捕まえる事が出来たので
ちょっと可哀想でしたが強引に引っ張ってシーツをかけて、何とか何とか
やっと捕まえて洗面所へ入れる事ができました

でも、その間中も必死の覚悟の抵抗をしていました




怖い思いをさせて本当にごめんね

こんどこそ、ゆっくり休んでね





あったかいな
(保護して数日後の写真です)




時計を見たら、もう3時を回っていました








命名 りおん&かおん  

翌日の1月17日(土) 結局、一睡も出来なかったので
早々と起きだして、そっと洗面所を覗いてみました



あっ!  仲良く寄り添って寝てる♪

トイレも使ってあります   

ごはんも減ってる! 

なんていい子達なんでしょう



直ぐに朝のトイレ掃除をして、朝ごはんをたっぷり置いて
そのまま仕事に出かける事にしました


たくさん食べてね
お仕事に行ってくるから、ここで大人しくしててね





叔母さん 怖い?
(保護数日後の写真です)





夜、帰宅して真っ先に部屋を覗いてみると、必死で脱出を試みたんでしょう
色んなものが散乱していました 




その翌日に、事務所の方にボランティアさんがケージを届けてくれました


自宅だと、うちの猫達が怖くてストレスになるかも知れません

事務所の方が、この子達も早く慣れるんじゃないかなと
そう思ったからなんです



そして、事務所での新生活、家猫修行がスタートしました





ケージの中





名前を、飛びっきりの素晴らしい名前を付けてあげたいと思いました



男の子はキジトラの長毛で、ライオンみたいだから・・・・・・  


レオ君?

なんかありきたりだな

Lion だから読みを変えて りおん! 


りおんちゃん!


すごくいい!


響きも可愛いし、りおんちゃんに決定です





女の子も可愛いお顔だけど、あご下の髭模様がちょっと残念系かな?

ひょっとして、この子の里親探しは苦戦するかも


で、名前は、かのん! 


可愛いけどもう少しひねって


かおん


りおんとかおん!


決定です

我ながら、素敵な名前を付けてあげることが出来ました




それにしても、2匹とも尻尾が極端に短いんです


昔、子供の頃からずっと飼っていた歴代の猫達のなかでも
尻尾の短い猫たちの事を思い出しました











楽しい保護猫ブログ始めました
癒しの達人
我が家の猫達と保護猫の里親探しのあれこれを綴っています
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。