りおんとかおんへ!  幸せにしてあげられなくてごめんね

ジャパニーズボブティル(尻尾の短い猫)のブリーダーによる里親詐欺被害について記録を残しています
 
 
プロフィール

りおんかおんの母(優)

Author:りおんかおんの母(優)
初めての保護猫の家族探しで里親詐欺にあってしまいました
情報を求めています メールは homemiyuki☆yahoo.co.jp まで
☆を@に変えて下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリーダー  

6月6日(金) T島が所属するキャットクラブの会長さんに電話をしました


と言うのも、翌日の7日に、八王子のキャットショーにT島が来る事を調べていたので
会場に突撃して、りおん・かおんの返還要求を突きつけようと思ったんです


そこで、会長さん若しくは何方かを紹介して頂いて、話会いの間に入ってもらえないか
お願いをしてみようと思いました




が、まったく無駄でした

私はこの世界について無知すぎました

キャットクラブにとって、会員のブリーダーは大事なお客様みたいです

突然電話をしてきた、見ず知らずの私の話にのって下さい! 
という方が甘すぎました



返ってきた言葉は、T島はいい人!   
そんな事をするはずがない
ジャパボブの啓蒙の為に、一生懸命頑張っている立派な人
万が一事実だったとしても、退会させる事はできない
キャットショーに出場出来ないようにする事はできない
死んでしまったというのだから返せないのは当然でしょう


こういう内容でした

初めて話す私より、良く知っているT島の事を信用するのも仕方ないのかも知れない

結局、ここもあてにはできませんでした






そうだ、誓約書を作ろう!

「私は詐欺行為をしました」 と、認めさせる誓約書を用意して、サインをしてもらおう

素直にサインするかどうか分からないけど・・・





この誓約書の内容に不備があるといけないと思い、保護団体の会長さんに
事前に内容をチェックをして頂けないかと、メールでお願いをしたのですが
またドジをしてしまって肝心の誓約書を添付しないでメールを送ってしまいました


でも、翌日にお返事をいただいたのですが、そのメールを読んでとてもショックを受けました




あえて、ここではきつい意見を書かせて頂きます
優さんにとっては、今回がはじめての里親募集だったため
色々不手際があったことは、ある程度仕方がないのかな、とは思いますが
正しい情報をSさんや私に知らせないまま、一方的に相手側だけが悪い、と
思いこませる情報だけを流すのはどうかと思います

生後6ヶ月以上の兄弟ねこを不妊手術せずに一緒にしたままだと
交配してしまう危険性が高いこと、優さんには自覚がなかったんだろうな、と想像しますが
これを許しちゃったら、保護活動をしている人たちは、優さんをかばうことができないです

私は優さんもT島さんも、どちらの味方をする気もありません
ただ、優さんはもう少しねこについて勉強された方がよいのではないかな?





確かに、妊娠させてしまったのは私の責任です
雌ねこの発情は7ヶ月過ぎ位かな・・・ と、漠然と思っていました


今回、妊娠しているかも・・ と、連絡をもらって慌てて調べました
雌ねこが発情すれば、その臭いで雄ねこが発情するという事も初めて知りました
会長さんの言うとおり、責められても言い訳はできないです


ただ、りおんは睾丸の発達が遅れており、手術もまだ先でいいでしょう・・・と
言われていたので、うっかりしていたのも事実です


T島が、譲渡後すぐに手術すると約束していたので、信じていたのも事実です


今から思うと、T島は当然手術していない子を欲しかった訳だから
向こうの思う壺にまんまと嵌ってしまったんです


会長さんには、今までの経緯を簡単に電話で説明したり、メールもさせて頂いてましたが
これらの特別な事を、短いやりとりで理解してもらうのは当然無理な事です


一度、直接お伺いしてお話したいので、お時間が取れないかと、お電話をしましたが
あちらもお忙しくて叶わないでいました


しかし・・・


正しい情報を、Sさんや私に知らせないまま、一方的に相手側だけが悪い、と
思いこませる情報だけを流すのはどうかと思います



この言葉はとても心外です!

私に都合の悪い情報なんて何もありません

隠さなければならない情報なんてありません



会長さんも、一部の話を聞いただけで思い込みをしてしまっているではないですか

T島と一度話をしただけで、T島の言っている事に納得しているではありませんか






私は、6月7日昼過ぎに、友人と二人で八王子の会場を直撃しました


ひょっとしたら、りおんがいるかもしれない・・・





なーに?




りおんをショーに出したくて、死んだと言ってるのかもしれない

もし、りおんがいたら、何が何でも、奪ってでも連れて返るつもりで、以前りおんが使っていた
猫ベッドをいそいそ洗ったり、いつ帰ってもいいように準備を整えていました

そして、その為にキャリーバックを車に載せておこう!

と、そう思っていたのに、忘れてきてしまいました・・・



前夜は遅くまで、その日も早朝から事務所に行って、誓約書をチェックしては手直しをしてと
ギリギリまで時間をとられてしまい、バックを乗せるのをすっかり忘れてしまってました

本当に、私ってどうしようもないバカです・・・







会場について、直ぐにケージを一つづつ覗き込みました

りおんがいないか・・・

T島は何処か・・・





が、りおんはいませんでした





程なくして、ブログで見た事のある猫(渚)を見つけました
可哀想に、まだ子猫なのに2週も続けて飛行機の移動を強いられて
この子達もある意味、虐待と同じではないでしょうか
確か、先週は名古屋に連れていかれたはずです





ケージの側には誰もいなかったので、辺りを見渡しました




いました!




審査を受けてる最中でした

近くに行って、T島の後方で終わるのを待っていました





まもなく終わり、猫を抱え戻っていきます

後ろからついていき、猫をケージに戻したところで声をかけました



T島さん!   こんにちは!










スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 苦しんだのですね。辛かったですね。
> カギコメ様
コメントありがとうございます。

カギコメ様は、いい先輩に恵まれましたね
本当にアドバイスの通りだと、今の私なら良く分かります。

先日も、酷い里親詐欺があったばかりだし
発覚して、逮捕まで行くのは、ほんの一握り

命を無残にも奪われてしまった猫ちゃんの事や、保護主さんのお気持ちを思うと
かける言葉もみつまりません。

そして廣瀬勝海は、私の所にもメールをよこしたんです。

即、お断りしたからよかったものの、本当にふるえあがる程怖いです。

これから、どう気をつけたらいいのか・・・


アドバイス、肝に銘じて頑張りますね















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://rionkaon.blog93.fc2.com/tb.php/10-e30da65f
楽しい保護猫ブログ始めました
癒しの達人
我が家の猫達と保護猫の里親探しのあれこれを綴っています
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。